からつ塾講義予定

ごあいさつ

からつ塾は、佐賀県唐津市で開講されている民間塾です。

 めまぐるしく変化する時代の中で、私たちはともすれば、じっくりとものごとを考えることをおろそかにしていないでしょうか。

 今あらためて知を追い求めることの大切さ、真理のきらめきに触れる喜びに気づかされます。 今日をよりよく生き、明日に向かって深く思いをめぐらすために、自らの力で考え、世の中をみつめ直すことが求められていると思います。

 からつ塾は歴史、文化、環境、宇宙、自然科学、生き物、人間、倫理、教育等のあらゆる分野をテーマに、「生きた学問」を多くの人に提供していければと思います。これからもからつ塾にご期待ください。

お知らせ

からつ塾の今後のスケジュールについて 2020/5/30 20:32:30

からつ塾の今後のスケジュールについて

からつ塾として最後に連絡をしてから4ヶ月が経ちました。この間に、緊急事態宣言の発令や外出自粛など、聴講生の皆さんも緊迫した生活の中にあるかと思います。

先頃、佐賀県を含む大部分の自治体では緊急事態宣言が解かれました。しかし、からつ塾ではこのほど2020年内の活動休止という決断を取りました。
その理由は、講師の方には唐津に来ていただくため、長距離の移動をお願いすることとなり、予断を許さない現状では安全面に万全を期すことができないと考えたからです。

延期を決定する一方で、対面講義という形式自体が危うさをはらんでいることにも、私たちは目を向けています。日本に限らず、世界中の教育機関は、その点から、リモートによる教育に取り組んでいます。
仮にからつ塾がこのような形態を取るとすれば、それはテレビ等で放送される、「画面越しの講義」とは何が違うのか、さらには「唐津で行うことの意義」とは何かを考えさせられます。
一方的に学術を情報として提供をするなら、そこに対面する必要はありませんし、場所も関係ないのです。
しかし、今、からつ塾として、この選択肢を取ることが最良だとは考えていません。講師の方との対話の場こそ、からつ塾のあるべき姿だからです。

からつ塾は、聴講生の皆さんに改めてこう約束します。
「からつ塾は『唐津に学問を提供する』ことが使命であり、今後もこれを変えることはない」ということです。
講師との対話が可能な対面講義での再開を望み、またそれに準ずる方法の模索を続けていきます。

ふたたび唐津で、聴講生の皆様とともに講師を迎えられる日が来ることを、運営委員一同、願っています。

からつ塾

金子財団より助成金を頂きました 2019/4/8 11:44:52

私ども、からつ塾の活動に対して、公益財団法人 金子財団より助成金を頂きました。
からつ塾はこれからも、市民の皆様の知的興味にお応えできるよう活動してまいります。

からつ塾講演案内のメール配信を開始しました 2016/8/6 23:17:03

メールによる講演案内を始めました。配信希望の方はkaratsujuku87@gmail.comにご連絡ください。

協賛のご支援をいただきました 2019/3/27 23:53:55


2019年のからつ塾運営のために、企業様より協賛のご支援をいただきました。

協賛企業:唐津信用金庫、唐津土建工業株式会社、株式会社唐津プレシジョン、株式会社まいづる百貨店、宮島醤油株式会社



からつ塾の活動は、みなさまの参加費用と協賛企業のご支援により運営されております。

講師紹介

からつ塾の講師陣

山田洋
大嶋仁
佐治晴夫
稲葉継雄
松塚俊三
富吉賢太郎
林良博
松田純
今泉みね子
マリア
田中明
李建志
伊藤一彦
濱田仁
小島ゆかり
中村方子
本田清
上垣外憲一
吉田孚
碇宏八郎
太田雄三
吉村仁
長井辰男
佐藤治子
栗林慧
長野暹
中園成生
吉澤和徳
藤枝守
小川喜八郎
益川敏英
井上昌次郎
川村みゆき
宗川吉汪
藤井康栄
安室知
佐藤正典
中野三敏
島谷幸宏
的川泰宣
宮島清一
田中欽二
朴裕河
池田雅之
上原誠一郎
宇根豊
渡辺一郎
田島龍太
劉建輝
大坪靖直
山極寿一

最近のブログ投稿

2015年3月30日
ホームページ更新
2014年12月6日
桃太郎は正義の味方?
2014年7月5日
ボートを漕ぐ
2014年6月24日
あらためて「ことば」って何だろう?
2014年5月7日
「氷が溶けたら春になる」
2014年3月17日
からつ塾講義予定
2014年2月19日
「反知性主義」ということ
2014年1月10日
からつ塾講義予定
2013年12月13日
田島龍太教室 動画をアップ致しました
2013年11月30日
アイソン彗星の最後

メインメニュー

協賛リンク