からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  2015年新教室  >  第108回からつ塾「歌謡曲『アカシヤの雨』の源流をめぐる近代日本の原風景」

第108回からつ塾「歌謡曲『アカシヤの雨』の源流をめぐる近代日本の原風景」



  • 講師:長沢 雅春氏(佐賀女子短期大学教授)

  • 開催日時:平成27年9月28日(月)19時〜21時

  • 開催場所:虹の松原ホテル(JR東唐津駅タクシー5分・徒歩20分)

  • 参加費:1,000円(学生500円)

    事前申し込み不要、直接会場へお越し下さい

  • 問合せ:からつ塾事務局  0955-73-9111 虹の松原ホテル(馬渡)

  • フェイスブックページ

    https://www.facebook.com/karatsujuku



講義要旨


アカシヤを素材にした歌謡曲、これらの背後にある原風景を考えた時、日本の近代 文学や都市建設あるいは外地占領地へと想像の思いを馳せないではいられない。 日本に初めてアカシヤが登場した明治 8 年、皇城堀端での植樹をめぐる攻防は近代日本に 「街路樹」という思想をもたらした。以後このアカシヤは、パイオニア・ツリーとして開拓地札幌や 植民地下の朝鮮、震災後の帝都復興計画に登場してくる。一方、文化的登場により伝統的な梅 や松などが西洋好みの北原白秋や木下杢太郎などによって貶められていく。「松林」を否定し 「落葉林」の美を発見する近代の過程なども考えてみたい。


プリンタ用画面
前
第107回からつ塾「命を守り、種(しゅ)つなぐ 生命科学の最前線」
カテゴリートップ
2015年新教室
次
第109回からつ塾「言葉と感情のはじまり 」