からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  朴裕河教室  >  慰安婦問題について

『慰安婦問題について』

  • 開催日時:平成26年4月19日(土)15:30〜17:30
  • 開催場所:虹の松原ホテル(JR東唐津駅タクシー5分、徒歩20分)
  • 参加費:1,000円(高校生以下500円)
  • 問い合わせ先:からつ塾事務局(牧原)090-5385-4478

講義要旨

 唐津でこの講義が行われるころには、この問題についての私の最新の考えを著した『帝国の慰安婦 ―植民地支配と記憶の闘い』(朝日新聞出版社)が日本で出ているかも知れません。
この本で私は以下の三つの問に答えを出したつもりです。
一つは「慰安婦」とは誰か。
もう一つは、これについての日本の謝罪と補償がうまくいかなかったのはなぜか。
三番目は、それを踏まえていま日韓はどうすればよいのか。
ということです。

 唐津の皆さんにはこの本の中身をできるだけ簡明にお伝えしたいと思います。 私の願いは日韓の関係の正常化、それにつきるのです。

プリンタ用画面
前
(日韓の)新たな未来を築くには何が必要か
カテゴリートップ
朴裕河教室