からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  渡辺一郎教室  >  私の伊能図発見物語

「私の伊能図発見物語」

  • 開催日時:平成25年4月21日(日)午後2時〜午後4時
  • 開催場所:虹の松原ホテル(JR東唐津駅タクシー5分・徒歩20分)
  • 参加費:2,000円(大学生以下1,000円)

講義要旨(地図のひろばより)

フランスから伊能図を持ち帰り佐原で展示会をしたことが、今回の伊能ブームの始まりだったのですが、NHKや新聞社の方々が積極的にPRしてくださって、興味のある方達がたくさん集まって 「伊能図」の素晴らしさに感動してくださいました。
それが「伊能忠敬研究会」の発足、江戸博の「伊能忠敬展」につながり、伊能ウォークへも発展しました。
そしてたくさんの寄付をいただき、東京にはなかった伊能忠敬銅像 も作ることができました。

きっと世の中が伊能忠敬を求めていたのだと思いますが、これまでの歩みを見てみると、全て非常に運が良かったとしかいいようがありません。

伊能ブームも、もうこの辺りで終わりだろうなとも思っていました。
3月30日に個人的に米国議会図書館を訪れたのも、地下に地図室があるということを知っていたので、何か検索方法でもわかれば良いな・・という程度の考えでした。

そうしたらこのような発見ですからね、これは僕一人で鑑定できる量ではないので、6月18日から22日まで、鈴木さん(日本国際地 図学会常任委員・相模女子大学講師)永井さん(日本地図学会・(財)日本地図センター理事)と再度訪問し、一枚一枚調査をして、207枚の大図発見となりました。

本当に運が良かったと思っています。
この経験で「忠敬と伊能図は今後まだまだ行けるな!可能性があるな!」と確信しました。

プリンタ用画面
カテゴリートップ
渡辺一郎教室