からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  宗川吉汪教室  >  生命の起源とヒトの進化

「生命の起源とヒトの進化」

講義要旨

世論調査で有名なギャラップ社が、人類の起源についてのアメリカ人の意識を調査しました。
(設問)人類の起源と発展について、あなたはどのように考えていますか。
(答え1)人類は何百万年のあいだに原始的な生物から発展してきた。この過程は神によって導かれた。
(答え2)人類は何百万年のあいだに原始的な生物から発展してきた。この過程に神はかかわらなかった。
(答え3)神は人類を、現在と非常によく似た姿で、ここ1万年ばかりのあいだに一挙に創造した。

あなたならどのように答えますか。
調査結果では、(答え1)が36%、(答え2)が14%、(答え3)が44%で、(答え1)と(答え3)を合わせると80%になり、8割のアメリカ人が人類は神によってつくられたと信じていることがわかりました。

ところで、ラマルクとダーウィンは進化論の創始者として有名ですが、次の説明はそれぞれどちらの人が言ったのでしょうか。
また、あなたはどちらの説明が正しいと思いますか。

(説明1)環境変化によって足を歩くためだけに使うように強いられた個体が、直立の姿勢を取るように努力し、世代を重ねてこの習性を持続した場合、これらの個体の足が段々と直立の姿勢を保つのに適当した格好をとるようになった。

(説明2)他の動物と同様、現在の人間にもさまざまな個体差やわずかな変異が多くみられるので、人間の初期の祖先もそうであったに違いない。
このことは必然的に存続をめぐる争いを引き起こし、自然淘汰が働くことになっただろう。

本講義ではこれらの問題を手掛かりに生命の起源とヒトの進化について考えてみたい。

講義風景


宗川吉汪先生講義「生命の起源とヒトの進化」

宗川吉汪先生講義の様子

宗川吉汪先生と第1部質疑応答の様子


宗川吉汪先生と第1部質疑応答の様子2

宗川吉汪先生と第2部質疑応答の様子

宗川吉汪先生と第2部質疑応答の様子2


宗川ご夫妻を囲んで懇親会

宗川ご夫妻を囲んで懇親会2

宗川ご夫妻と有志塾生で記念写真

プリンタ用画面
カテゴリートップ
宗川吉汪教室