からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  碇宏八郎教室  >  唐津商業高校出前教室「科学する目と心」

唐津商業高校出前教室「科学する目と心」

  • 開催日時:平成20年12月11日(木)午後1時30分〜午後3時
  • 開催場所:唐津商業高等学校
  • 講義資料(htm)

講義要旨

道端に無言で咲く草花にふと足をとめてルーペで覗くと、自然が造りだした美しい姿に驚かされます。
そのとき、ただ美しさに見とれるだけでなく、そこに自然の仕組みを探ってみようという探求心を持つこと、それが科学する心にほかなりません。
今年4人の日本人がノーベル賞を受賞しましたね。
その人たちに共通していることは、研究の動機が将来何かに役立てようというのではなく、不思議な自然現象に対する「なぜ?」という純粋な好奇心にあったということです。
今日の私たちの生活は科学技術を抜きにはありえません。
ケータイもパソコンもクルマも、科学技術の粋をつくして生み出されたものです。
たとえそのくわしい作動原理を知らなくても、私たちはそれらを使いこなす技術は持たねばなりません。
これからの時代、文系、理系といったこれまでの分け方は意味をなさなくなりつつあります。
それはさておき、科学的な目と心を持つことが、どれほど私たちの人生を豊かにしてくれるか計り知れないということを、分かりやすい例によってお話ししたいと思います。

講義風景


碇宏八郎先生/木原厚二先生講義

碇宏八郎先生講義と生徒の様子

碇宏八郎先生講義の様子

プリンタ用画面
前
レイチェル・カーソンに学ぶ−地球環境はどうなる?−
カテゴリートップ
碇宏八郎教室
次
第96回講義「われわれは科学に何を求めてきたか?」