からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  松田純教室  >  アンチエイジングとサイボーグ化―人体強化技術をめぐる倫理―

「アンチエイジングとサイボーグ化―人体強化技術をめぐる倫理―」

  • 開催日時:平成18年7月10日(月)午後7時〜午後9時
  • 開催場所:唐津ビジネスカレッジ(JR東唐津駅前)
  • 参加費:2,000円(大学生以下1,000円)

講義要旨

スキンケアにサプリメント、ホルモン補充療法、ライフスタイルの改善、脳トレ……などなど、世はまさにアンチエイジング(老化予防)大流行である。
いつまでも若く美しく聡明であり続けたい! これは誰もが望むことであろう。
老いて死すべき人間の宿命への「ささやかな涙ぐましい抵抗」と受け入れることもできよう。

ところがいま、「老いること」そのものを「治療すべき病気」と定義し、老化過程に医学的に介入する動きが出ている。
遺伝子を操作して、老化そのものを止めようとする研究。
さらにはサイボーグ化した義手、義足は「義体」にまで発展しつつあり、脳とコンピュターを直結した「義脳」もすでに現実のものとなっている。

「不老不死」は人類の永年の夢である。
バイオテクノロジーとサイボーグ技術はいま、この夢の実現に迫ろうとしている。
不老の身体と永遠の生を獲得しようとする営みは人間社会に何をもたらすであろうか?

人体強化技術(エンハンスメント)をめぐる倫理問題を考えてみたい。


プリンタ用画面
前
医療と生命の倫理、ヨーロッパの場合 と日本の場合
カテゴリートップ
松田純教室
次
死の自己決定