からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  稲葉継雄教室  >  旧韓国における居留邦人の教育

「旧韓国における居留邦人の教育」

  • 開催日時:平成16年10月25日(月)午後7時〜午後9時
  • 開催場所:唐津ビジネスカレッジ(JR東唐津駅前)
  • 参加費:3,000円

講義要旨

梶村秀樹が論文「植民地と日本人」の冒頭に,「近代百年の日本庶民の生活史のなかで,朝鮮をはじめとする植民地でのそれは,研究者がまったく避けて通ってきた領域である」(『梶村秀樹著作集』第1巻、明石書店、1992年、p193)と記したのは1974年のことである。
それから四半世紀以上を経た今日も,状況はさほど変わっていない。
これが,筆者が本研究を思い立った所以である。

朝鮮半島への日本人の移住は,1877年の釜山開港から始まり,日清・日露戦争を契機として急増,韓国併合の1910年には居留民人口17万を数えるに至った。
その中で,「警備機関と新式の医療機関と小学校の三者は,内地人移住に一日も欠くべからざる最少限度の必要的施設」(弓削幸太郎、『朝鮮の教育』、自由討究社、1923年、p269)とされ,居留民小学校が次々に設立されていった。

ところで1899年2月の『中央公論』には,「彼等の子弟に学校の設けあるは只朝鮮あるのみ」(『中央公論』第14巻第2号、1899年2月、p68)という一文がある。
これに先立つ1895年4月,台湾が日本の植民地となり,当時すでに米国・南米などにも多くの移民がいたにも拘らず,居留邦人子弟の学校があるのは朝鮮だけだったというのである。
ここに,海外における日本人教育の歴史を研究するにあたってまず朝鮮を踏まえるべき意義がある。

からつ塾では,併合以前の朝鮮・韓国(旧韓国)における日本人学校の展開を跡付け,そこにみられるいくつかの特色を抽出したいと思う。

なお,用語としては,大韓帝国期(1897年8月〜1910年8月)を「韓国」あるいは「旧韓国」,その前後を「朝鮮」とすることを原則とするが,植民地朝鮮と区別する意味で1910年以前をまとめて「韓国」「旧韓国」とすることがある。
本稿標題の「旧韓国」もそれである。

Education of the Japanese in late Choson       lnaba Tsugio

Emigration of the Japanese to the Korean peninsula started with the opening of Pusan Harbor in 1877.
The population of the Japanese immigrants rapidly increased at the time of Sino-Japanese war and Russo-Japanese war, reaching 170,000 when Japan annexed Korea in 1910. Based on the idea that a security system, medical institutions with the latest equipment, and elementary schools were the minimum necessary for emigration, elementary schools for the Japanese children were established successively, numbering 128 in 1910.
Other types of schools including three girls' high schools, one middle school, two industrial schools, and one professional school were established aswe11.

This article will examine the history of Japanese schools in late Chos6n and discuss its characteristics, which could be summarized as follows:

1) The establishment of Japanese elementary schools took various forms.
While most of them were established by Japanese immigrant associations, great contributions was made by Japanese Buddhist sects (Higashi Honganji and J6doshti in particular) at the beginning.

2) Some Japanese elementary schools started temporarily as a part of the services provided by “Japanese language schools” which were educational institutions for Koreans.
They later developed into independent bodies.

3) Teachers in Japanese elementary schools participated in the education of Koreans as well.
Their activities included ”Coeducation of the Japanese ad Korean" programs at Japanese schools, exchange teaching, and duties as the foreign employees of the Korean government.

4) During this period Korean language was taught at Japanese schools, mainly higher elementary schools and industrial schools.
The practice was abandoned as Japanese became the official language after the annexation.

プリンタ用画面
カテゴリートップ
稲葉継雄教室