からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  山田洋教室  >  第81回講義「史料で読み解く虹の松原一揆の実像」(24.1.16)

第81回講義「史料で読み解く虹の松原一揆の実像」(24.1.16)

  • 講師:山田 洋氏(松浦史談会)
  • 開催日時:平成24年1月16日(月) 午後7時〜午後9時
  • 開催場所:唐津ビジネスカレッジ(JR東唐津駅前)
  • 参加費:2,000円(大学生以下1,000円)
  • 講義資料(PDF)

講義要旨

 江戸時代、全国で起きた百姓一揆は約3000件に上ると云われているが、農民側からみて成功した例はほんの僅かである。
明和8(1771)年唐津藩で起きた「松原寄り」と呼ばれる一揆は、参加した農漁民の要求がすべて通り大成功を収めた数少ない例である。

 また、この一揆は当初1万数千人の農漁民が「虹ヶ浜御料境」に集結、後半は大庄屋代表が農漁民の諸要求を実現させるために藩側に働きかけるという一揆史上特異な形態をもつ。
従って当然、庄屋側の指導者と農民側の指導者の存在が考えられ、その指導者達は数年前から綿密な計画を練っていたと思われる。
その背景には、唐津藩の農村に根強く広がっていた「民間塾」の存在を見逃すことはできない。

 虹の松原一揆に関する史料は、「虹浜騒秘録」や「虹浜鹵臭秘録」「御領分中人民強訴書」等がよく知られている。
その外、佐賀藩多久領の役人や天領浜崎の庄屋達が、一揆の様子を具に見聞して報告した「御屋形日記」(多久市郷土資料館蔵)や「唐津御領分中百姓虹松原寄合一件」(吉井村庄屋文書)がある。
また、庄屋文書の中には、数こそ少ないが「松原寄り」に関する貴重な資料が散見する。

 今回はこれらの史料を読み解き、皆さんとともに虹の松原一揆の実像に迫ってみたい。

講義風景


山田洋先生講義「史料で読み解く虹の松原一揆の実像」

山田洋先生講義の様子

山田洋先生と懇親会

プリンタ用画面
前
『赤子養育仕法』にみる唐津藩の間引き防止策(23.1.31)
カテゴリートップ
山田洋教室
次
第88回講義「江戸の離縁状『三くだり半』を読む」(2013.1.27)