からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  佐藤治子教室

佐藤治子教室

佐藤治子


  • 佐藤 治子(さとう・はるこ)

  • 1965年鎌倉市生まれ

  • 大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授

  • 学歴:

    1980 成蹊学園中等部修業

    1984 Roedean School卒業(英国サセックス州ブライトン市)

    1988 Mount Holyoke College卒業(専攻 ヨーロッパ近代政治史)

    1993 The Johns Hopkins University(ジョンズ・ホプキンズ大学ボローニャ校)

    School of Advanced International Studies/SAIS-Bologna Center 国際関係修士課程修了

    2004〜University of Cambridge(ケンブリッジ大学),Centre of International Studies 博士課程

  • 職歴:

    1988〜90 香港貿易発展局 広報出版部

    1990〜91 (財)日本国際交流センター

    1993〜97 (財)日本国際問題研究所 欧州担当研究員

    [1995年7〜8月 ライデン大学政治学部客員研究員(EU環境政策研究)]

    1997〜99 英国王立国際問題研究所(チャタムハウス)アジアプログラム 研究員

    2000〜02 「外交フォーラム」(都市出版)編集部

    2001〜03 英国王立国際問題研究所(チャタムハウス)アジアプログラム アソシエートフェロー

    2005〜06 ケンブリッジ大学 東洋学部 日本政治非常勤講師

    2011〜12 大阪大学大学院国際公共政策研究科特任研究員

    2012〜  大阪大学大学院国際公共政策研究科特任准教授

  • 出版物:

    (英語)

    “Post-3.11 Japan: A Matter of Restoring Trust?”

    ISPI Analysis No. 83 (Istituto per gli Studi di Politica Internazionale, Italy, December 2011)

    “Through the Looking-glass: China’s Rise as Seen from Japan”

    (Co-authored with Toshiya Hoshino) Paper prepared for delivery at the International Conference on The Prospects and Challenges for China’s 12th Five-Year Plan (2011-2015), October 27-28, 2011, National Cheng Kung University, Tainan, Taiwan.

    “Reflections on Japanese Think Tanks: Roles, Relevance and Limitations”

    in Lam Peng-Er and Colin Duerkop (ed), Rethinking Diplomacy: New Approaches and Domestic Challenges in East Asia and the European Union Joint KAS-Japan Foundation conference report published by the Konrad Adenauer Stiftung (August 2011)

    他多数

    (日本語)

    『読んでみたいこんな原書』(連載コラム)(「外交フォーラム」,1998年〜99年)

    『シェンゲン・プロセスとEUの第三の柱』(植田隆子編「1997年IGCと欧州連合研究会報告書」日本国際問題研究所1997年)

    『各国の外交政策機構比較:序論・英国とフランスの場合』(「外交フォーラム」,1996年1月号)




講義一覧