からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾

トップ  >  次回講義案内、第130回からつ塾「恐竜の見方」

  • 講師:田上 響氏 (福岡大学 理学部 助教)

  • 講師紹介:
    静岡大学理学部生物地球環境科学科卒業。東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻修士課程修了。ペンシルバニア大学教養大学院博士課程修了(学術博士)。カナダ自然博物館博士研究員、国立科学博物館技術補佐員を経て、現在は福岡大学理学部助教。アメリカ・カナダ・中国産角竜類恐竜の顎の進化や福岡県産恐竜の研究を行っています。

  • 日時:平成30年6月16日(土)  15:00〜17:00

  • 会場:唐津ビジネスカレッジ(0955-77-1771 JR東唐津駅北側、徒歩1分)

  • 参加費:1,000円(学生500円)事前申し込み不要、直接会場へお越し下さい。
    ※講義後に講師を囲んで座談会を開催します。

  • メール:karatsujuku87@gmail.com (講義案内の配信希望の方もご連絡ください。)

  • からつ塾の情報配信
    からつ塾フェイスブックページ(最新の情報をご案内しています。)
    https://www.facebook.com/karatsujuku
    からつ塾Twitter(講演情報とコラムの配信)
    https://twitter.com/karatsujuku87

  • 講義案内


    恐竜は絶滅した生物の代表としてよく知られています。その巨大さ、現存する動物には見られない奇妙な形、謎に満ちた生態、大量絶滅などにより、注目され続けてきました。世界中の博物館で展示され、ニュースでもしばしば取り上げられるため、一般の方が目にする機会も多いでしょう。
    専門家による恐竜研究は、化石を発掘し、クリーニングの後に肉眼観察で特徴を記録し、骨格を組み立てて終わりではなく、多様な技術を駆使して進められます。この講義では、その一端をご紹介します。さらに、分類体系の再編により、研究者の恐竜に対する見方がどのように変わったのかお話しします。

前
次回講義案内、第128回からつ塾「文学はなぜ必要か〜脳科学・認知科学・発達心理学・精神分析から見た文学〜」
カテゴリートップ
からつ塾からのお知らせ
次
金子財団より助成金を頂きました