からつ塾生きた学問を全ての人たちに

からつ塾


  • 講師:佐々木貴教氏(京都大学・助教)

  • 講師紹介:
    講師プロフィール:1979年佐賀県唐津市生まれ。西唐津小学校、西唐津中学校、唐津東高校を卒業。2008年3月東京大学大学院理学系研究科地球惑星科学専攻博士課程修了。博士(理学)。東京工業大学GCOE特任助教および特任准教授などを経て、2014年より京都大学大学院理学研究科宇宙物理学教室助教。「地球はいかにして生命を宿す惑星になったのか?」 「地球以外にも生命を宿す惑星は存在するのか?」 こうした究極的な問いに答えるため、惑星科学という手法を用いて、惑星と生命の起源と進化についての理論的な研究を行っている。ホームページ:http://sasakitakanori.com

  • 日時:令和元年9月21日(土)  15:00〜17:00

  • 会場:唐津ビジネスカレッジ(0955-77-1771 JR東唐津駅北側、徒歩1分)

  • 参加費:1000円(高校生500円、中学生以下無料) 事前申し込み不要、直接会場へお越し下さい。
    ※講義後に講師を囲んで座談会を開催します。

  • メール:karatsujuku87@gmail.com (講義案内の配信希望の方もご連絡ください。)

  • からつ塾の情報配信
    からつ塾フェイスブックページ(最新の情報をご案内しています。)
    https://www.facebook.com/karatsujuku
    からつ塾Twitter(講演情報とコラムの配信)
    https://twitter.com/karatsujuku87
  • 開始時刻 15時00分
    定員数 80人

    講義案内


    我々の住む太陽系は、いつどのようにして誕生したのか? なぜ地球は生命を宿す惑星になれたのか? 太陽系形成の古典的標準シナリオは「京都モデル」と呼ばれ、1980年代に京都大学の林忠四郎らのグループによって完成されました。モデルの提唱から約40年がたち、今日では修正を受けた点もありますが、その理論の枠組みは今でも 概ね正しいと考えられています。現在この「京都モデル」は、近年の太陽系外惑星 の発見をうけ、多様な惑星系の形成を議論するためのより汎用性の高い惑星形成 モデルへと進化を続けています。本講義では、「京都モデル」の概要をわかりやすく解説するとともに、最新の太陽系形成理論を紹介し、太陽系誕生の謎、さらには生命誕生の謎に迫ります!