からつ塾 ブログ開設

からつ塾にブログを新設致しました。

ホームページ更新情報を始め、お知らせや地域情報などをブログでも発信していきたいと思っております。

カテゴリー: からつ塾運営   パーマリンク

からつ塾 ブログ開設 への2件のコメント

  1. 東秀紀 より:

    首都大学東京の東と申します。わたしはかつて辰野金吾について、本を書いたことがあるのですが、その折も唐津に残っている文化について思うことがあり、文化的風土が辰野金吾、曾祢辰蔵、村野藤吾などの偉大な建築家たちを生み出したのだと思ってまいりました。以後、唐津の方々とは何人かお近づきになれたのですが、その方々の背景にも唐津の文化を感じました。さて、本日、日経で山田事務局長の書かれたものを拝読し、ここにもその文化の証明があるのだと感動しました。松浦史談会という、いかにも歴史を感じさせる名称、はたまた今度インターネットをひいていてわかったのですが、民間でやられている市民講座。いずれも素晴らしいことです。実はわたしは4月6日(月)夜、武雄で楼門シンポジウムにまいるのですが、できればその前後(5日か7日)に山田事務局長にお会いできればと思い、あえてお便りさせていただくこととしました。突然のお便りで申し訳なく、ぶしつけではございますが「もしも…」ということで、ご検討賜れば幸甚です。ご都合悪ければ、またということで結構です。
    首都大学東京 都市環境学部自然・文化ツーリズムコース教授 東秀紀

    • 山田洋 より:

      からつ塾の碇代表より連絡がありました。
      日経新聞をお読みいただき有り難うございます。松浦史談会創立88年、機関誌『末盧国』200号達成の節目に祝賀会を致したところ、取材を受けて記事にしていただいたものです。
      お役に立つかどうかわかりませんが、私は4月5日、7日はどちらでもお会いできます。先生のご都合のいい日で結構です。
      お会いする場所は、唐津市末盧館(℡0955-73-3673)がいいかと思います。
      また、ご連絡下さい。松浦史談会事務局長山田洋

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">