「反知性主義」ということ

今日の朝日新聞に、「反知性主義」への警鐘 という記事があり
ました。
ここで、「反知性主義」は「実証性や客観性を軽んじ、自分が理解した
いように世界を理解する態度」(佐藤優氏)と定義されています。
さらに、こんにち反知性主義が強く現れてきた原因として、「大衆社会
化が進み、ポピュリズム(大衆迎合主義)が広がってきたためだろう。
ポピュリズムの政治とは、大衆の『感情』をあおるものだからだ」(竹
内洋氏)と書いています。

折しも今日のニュースは、衛藤首相補佐官が、首相の靖国参拝にアメリ
カ政府が「失望」を表明したことに対し、「我々のほうが失望だ。アメ
リカは日本を何で大事にしないのか」とネット動画で語り、批判される
やすぐに撤回したと伝えています。
反面、昨年暮れの IOC 総会における安倍首相の「フクシマはア
ンダー・コントロール」と言ったスピーチがあまり問題にされなかった
ことはなぜでしょう。

昨年テレビで、ハリウッドのオリバーストーン監督が作った「もう一つ
のアメリカ史」が放送され、大変興味深く観ました。
われわれが知らされているアメリカの近・現代史は相当修正せねばなら
ないだけでなく、戦争にまつわる日本の歴史についても考えさせられる
ことが多々ありました。
これを観ると、例えば1950年代のマッカーシズム(いわゆる赤狩
り)や、「ヒロシマ、ナガサキへの原爆投下は戦争終結を早め、犠牲を
少なくした」という米歴代政府の主張と世論誘導は、ポピュリズムの典
型であることがよくわかります。

昨今のあわただしい世の中をみていると、「からつ塾」の役割はけっし
て無駄ではないとつくづく思います。
4月19日の 朴 裕河 教室が待たれます。

カテゴリー: ぎんやんまの部屋   パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">